体喜ぶローフードのグリーンスムージー

 

グリーンスムージーも人気だけれどローフードも人気。
どちらか一方という人もいれば、両方を取り入れている人もたくさんいます。

 

グリーンスムージーは野菜と果物の栄養を無駄にすることなく摂れるから、抗酸化作用によるアンチエイジング効果に優れていたり、繊維たっぷりだから便秘解消にもいいとされているし、ビタミンやミネラルも豊富だから美肌効果も期待できるとして大人気です。

 

ローフードの人気も負けてはいません。
こちらも食べるだけでなくキャベツなどで作る酵素水を飲むことで酵素を補うことができます

 

ということでグリーンスムージーもローフードも体が喜ぶ飲み物なので、これらを取り入れて体質改善して気になる不調を改善していきましょう。

グリーンスムージーはローフード生活に取り入れるのにピッタリな飲み物

ローフード生活に取り入れる飲み物としてグリーンスムージーはピッタリ!

 

ローフードというのは、

低温で野菜、果物などの食材を調理します。理由は消化をサポートする食物酵素が含まれていて、この酵素は約48度以上の加熱により壊れてしまうためです。他にも生で野菜を食べたり、生の魚を刺身にして食べたりもします。

 

 

 

グリーンスムージーというのは、

野菜と果物を生のまま使って、ミキサーで繊維質などを粉砕し滑らかになるまで撹拌したものなので、低温で調理するよりも量を摂れるし消化もいいため、効率的に酵素を摂取できることから、ローフード生活に取り入れるのにピッタリです。

 

ローフードのグリーンスムージー作りで甘味料は使いません
これはグリーンスムージーの基本でもあるのですが、甘味料を使わない代わりに甘みの強いバナナなどを使うことで仕上がりの甘みを調整します。

 

ローフードのグリーンスムージーを飲みやすくするコツ

ローフードでは食材を低温調理するので、これでスムージーを作っても生ぬるい仕上がりになって美味しくない…というのが正直なところ。

 

だから少し冷やした状態で飲みたいので、完成したものを冷蔵庫で冷やすのではなく、野菜か果物を冷凍しておいて、それを使うと程よく冷えた仕上がりになって飲みやすくなります。

 

もちろんローフード生活をしていなくてもグリーンスムージーを取り入れることができるので、ローフード生活未経験者でもOKだし、グリーンスムージーを取り入れるにあたりわざわざローフード生活を実践する必要もありません。

 

どちらも普段の生活の中に取り入れることができるので、両方を取り入れてもOKだし、片方だけでもOK!でもどうせだったら、どちらも体が喜ぶ習慣であることは間違いないので、両方を上手に取り入れていきたいものです。

 

「でもやっぱりローフードでグリーンスムージー作るのムリだわ〜」というなら、1週間だけでもいいのでローフード生活にグリーンスムージーを取り入れてみてはいかがでしょうか。